債務整理とは?債務整理の種類や特徴とメリットをわかりやすく解説!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

債務整理とは、借金の返済で困っている人を助けるために法律の力を使って借金を減らしたり、なくしたりすることです。また、債務整理には3つの方法があり、任意整理、個人再生、自己破産の手続きがあります。

今回のコラムでは、債務整理の種類やそれぞれの手続きの特徴とメリットやデメリットについて司法書士の久我山左近がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

債務整理の任意整理、個人再生、自己破産をわかりやすく解説します。

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

債務整理の手続きの中でも任意整理と個人再生は月々の返済額を減額して返済していくことでご自身の借金問題を解決する手続きですが、自己破産はすべての借金をゼロにしてご自身の借金問題を解決する手続きです。

債務整理のそれぞれの手続きには多くの特徴やメリットとデメリットがあります。

今回のコラムでは、債務整理の種類やそれぞれの手続きの特徴とメリットやデメリットについて債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

債務整理の種類と特徴、メリットやデメリットを解説します。

債務整理は、借金の返済で困っている人の借金を減らしたり、返済を待ってもらうことで、借金の返済を楽にする手続きになります。

以下が債務整理の種類になります。

  • 任意整理:貸金業者に利息や返済額を減額するように交渉します。
  • 個人再生:裁判所の力を借りて利息や返済額を大幅に減額します。
  • 自己破産:裁判所の力を借りて借金そのものをゼロにします。。

任意整理の手続きの特徴とメリットデメリットを解説します。

借金の返済で困っている方は、まずこの任意整理で解決できるかを検討することをお勧めいたします。任意整理の手続きでは、弁護士や司法書士がご自身の代理人になり、相手の貸金業者と直接交渉し、今後の利息をカットして月々の返済額を減額することでご自身の借金を完済して解決する手続きです。任意整理は手続き費用も他の債務整理より低額になりますし、手続きが完了する期間も短くなるといったメリットがあります。

ご自身の借金総額が200万円ある場合の月々の返済は約7万円になり、借金を完済するまでの利息の総額は約50万円になります。これを任意整理すると、月々の返済は約3万3千円まで減額することができ、利息の総額はもちろんゼロ円になります。これを見ただけでも任意整理の借金減額の効果が理解できると思います。

任意整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、依頼を受けた弁護士や司法書士が相手の貸金業者に「受任通知」を送付いたします。そして、この受任通知が相手の貸金業者に届いた後は、本人に対して電話などでの取り立てが法律で禁止されています。本人に対しての請求がなくなりますので、減額した借金の返済が始まるまでの期間は今ある借金の返済もストップすることができます。その期間にご自身の生活を立て直すことができますし、今まであったストレスを大幅に減らすことができます。

任意整理の手続きは会社や友人だけでなく同居している家族にも知られずにご自身の借金問題を解決できます。また、任意整理の手続きはとても柔軟性があり、住宅ローンや自動車ローン、保証人が付いている借金を除いて、その他の借金のみを整理することができます。ですから自宅や自動車を手放すことなく、保証人に迷惑をかけることなくご自身の借金問題を解決することができます。

とてもメリットが多い任意整理の手続きですが、任意整理の手続きをすると信用情報機関に事故情報が登録されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。返しては借りるを続けていると永久に利息を支払い続けることになりますし、ご自身の借金問題はずっと解決できません。実は借金の返済を2カ月以上滞納してしまうと任意整理と同じようにブラックリストに登録されてしまいますので、自転車操業を続けてから延滞するぐらいであれば速やかに任意整理の手続きで根本的にご自身の借金問題を解決してしまう方がずっと健全な方法だと思います。

個人再生の手続きの特徴とメリットデメリットを解説します。

個人再生の手続きは、裁判所に申し立てをしてご自身の借金の総額を約5分の1まで減額して、その減額した借金を3年から5年で完済してご自身の借金問題を解決する手続きです。また、個人再生には住宅ローン特則という制度があり、住宅ローンの返済は今まで通りでマイホームを手放すことなく、その他に借金は約5分の1に減額して解決するといったマイホームをお持ちの方には大きなメリットがある手続きになります。

ご自身の借金総額が400万円ある場合の月々の返済は約9万5千円になり、借金を完済するまでの利息の総額はなんと約171万円になります。これを個人再生すると、月々の返済は約2万8千円まで減額することができ、利息の総額はもちろんゼロ円になります。これを見ただけでも個人再生の借金減額の効果の凄さが理解できると思います。

個人再生の手続きを弁護士などの専門家に依頼すると、相手の貸金業者に「受任通知」を送付いたします。そして、この受任通知が相手の貸金業者に届いた後は、本人に対して電話などでの取り立てが法律で禁止されています。本人に対しての請求がなくなりますので、減額した借金の返済が始まるまでの期間は今ある借金の返済もストップすることができます。その期間にご自身の生活を立て直すことができますし、今まであったストレスを大幅に減らすことができます。

個人再生の手続きは、会社や友人に知られることなく手続きが可能ですが、個人再生は任意整理と違って裁判所に提出する書類の関係上で同居している家族にだけは秘密にしての手続きが難しい可能性があります。

また、個人再生の手続きはすべての借金が対象になりますので、自動車ローンがあれば自動車はローン会社に引き揚げられてしまいますし、保証人が付いている借金があれば保証人に対して迷惑をかけることになります。自動車を手放したくない場合や保証人に迷惑をかけたくない場合は任意整理の手続きでご自身の借金問題を解決するのがベストな選択になります。

個人再生の手続きも信用情報機関に事故情報が登録されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。また、個人再生の手続きを利用するためには安定した収入が必要になりますし、個人再生の手続き費用は他の債務整理の手続きより高額になるといったデメリットもあります。

自己破産の手続きの特徴とメリットデメリットを解説します。

自己破産の手続きは、ご自身が所有している財産を処分する代わりに裁判所から借金のすべてを免除してもらう手続きです。自己破産は借金で苦しんでいる人を助けるために国が作った救済制度です。離婚や会社の倒産といったやむを得ない事情で借金の返済ができなくなった方は自己破産でもう1度人生をやり直すことができます。

自己破産の1番のデメリットはご自身が所有している財産は処分されてしまうことです。いろいろと財産を所有している方にとって自己破産は大きなデメリットがありますが、めぼしい財産を持っていない方にとって自己破産はほとんどデメリットがありません。

自己破産の手続きを弁護士などの専門家に依頼すると、相手の貸金業者に「受任通知」を送付いたします。そして、この受任通知が相手の貸金業者に届いた後は、本人に対して電話などでの取り立てが法律で禁止されています。本人に対しての請求がなくなりますので、今ある借金の返済もストップすることができます。その期間にご自身の生活を立て直すことができますし、今まであったストレスを大幅に減らすことができます。

自己破産の手続きは、会社や友人に知られることなく手続きが可能ですが、自己破産は任意整理と違って裁判所に提出する書類の関係上で同居している家族にだけは秘密にしての手続きが難しい可能性があります。

また、自己破産の手続きはすべての借金が対象になりますので、住宅ローンがあれば住宅は銀行に処分されますし、自動車ローンがあれば自動車はローン会社に引き揚げられてしまいます。また保証人が付いている借金があれば保証人に対して迷惑をかけることになります。住宅を手放したくない場合は個人再生の手続きで、自動車を手放したくない場合や保証人に迷惑をかけたくない場合は任意整理の手続きでご自身の借金問題を解決するのがベストな選択になります。

自己破産の手続きも信用情報機関に事故情報が登録されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。

ここからが自己破産特有のデメリットになります。自己破産には資格制限があり、弁護士や税理士といった特定の資格の方や保険外交員や警備員といった特定の職業の方は自己破産の手続き中は仕事ができなくなってしまいますので、自己破産の資格制限に該当する方は個人再生の手続きでご自身の借金問題を解決するのがベストな選択になります。

また、自己破産をすると官報という国が発行している特殊な新聞に自己破産した情報が掲載されることになります。しかし、この官報は一般的な書店では購入することができませんし、この官報からご自身が自己破産したことを知られる可能性はほとんどないと思います。

以下は、インターネットでも見られる自己破産に関する間違った情報になります。

  • 仕事をクビになる
  • 会社や友人にバレてしまう
  • 戸籍や住民票に記録が残る
  • 家族が代わりに返済しなければならない
  • 選挙権を失う
  • 携帯電話が契約できなくなる
  • 将来年金がもらえなくなる

上記は基本的な間違いですが、1点気を付けて欲しいのは携帯電話についてです。携帯電話本体の分割契約はローンになりますので、しばらくの間は審査に通りにくくなります。ただし、携帯電話本体を一括で購入する分にはまったく問題はありません。

債務整理をした方がいい人を解説します。

ここでは、どんな人が債務整理をした方がいいかを解説いたします。

借金の返済が終わりそうにない方

例えば、ご自身に総額200万円の借金があった場合には、利息だけでも毎年30万円も支払う必要があります。そして、返しては借りるを続けていると永久に利息を支払い続けることになります。こういう状態になってしまうとご自身の力だけでは解決するのが難しいので、債務整理でご自身の借金問題を解決するのがベストな選択になります。

複数の業者から借り入れをしている方

次は、複数の業者から借金をしている方で、借金を返すために別の業者からまた借金をしてしまうことを「多重債務」といいます。多重債務になってしまった場合は、ご自身の力だけでは借金を全部返すのはかなり厳しいと考えられますので、債務整理でご自身の借金問題を解決するのがベストな選択になります。

借金が理由でストレスを感じている方

最後が、借金のせいで大きなストレスを感じてしまっている方は、速やかに債務整理を検討することをお勧めいたします。

借金の返済が厳しい方にとって、毎月の返済日が近づいてきたり、業者からの督促の電話は相当のストレスになります。債務整理の依頼をすれば、業者からの督促はすぐに止まりますし、今の返済もストップできます。債務整理の依頼をするだけで借金の精神的なストレスから解放されます。

債務整理のそれぞれの手続き費用の相場を解説します。

債務整理をするにも手続きに費用がかかります。お金で困っているのに債務整理の手続き費用を用意するのはかなり厳しいと思いますが、ここでは一般的な手続き費用の相場を紹介いたします。

任意整理の手続き費用の相場は1社あたり4万円から6万円程度になります。ただし、事務所によっては顧問料や管理料、通信料といったプラスの費用が発生することがありますので、任意整理の手続き費用の総額は必ず確認するようにしましょう。

次が個人再生ですが、手続き費用の相場は約40万円から60万円程度になります。また、自己破産の手続き費用の相場は30万円から50万円程度になります。

手続き費用が用意できない場合の対処法を解説します。

債務整理の手続き費用は、かなり高額になるケースが多いため、現在では債務整理の手続き費用の分割払いに対応している事務所が増えています。また、相談料や着手金も無料にしている事務所が多いので、そういった事務所に依頼するようにすれば債務整理の初期費用を節約することができます。

もう1つ、法テラスを利用することによって債務整理の手続き費用を抑えるという方法もあります。
法テラスの正式名称は。「日本司法支援センター」といい、国民がどこでも法律のトラブルの解決に必要な情報やサービスを受けられる国の機関になります。

どうでしょうか、今回のコラム「債務整理とは?債務整理の種類や特徴とメリットをわかりやすく解説!」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次