借金を一括請求された場合の対処法は?債務整理で分割払いに戻せる?

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

借金の返済を滞納してしまうと、貸金業者から残りに金額を一括で請求されることになります。また、一括での支払いが難しく、その請求も無視してしまうと、最終的には裁判を起こされてご自身の給料を差し押さえられてしまうことになります。

今回のコラムでは、借金を一括請求された場合の対処法について、また債務整理で分割払いに戻せるのか?といったテーマで債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

借金でお悩みの方にとってはとっても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

借金の返済を滞納して一括請求された場合の対処法を詳しく解説します!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

借金の返済が長期に渡り滞った場合には、残りの借金を一括で返済を求められる場合があります。これを無視すると大変なことになり、財産だけでなく給与も差し押さえられ、その結果、多額の借金を負うことが会社にもバレてしまいます。

今回のコラムでは、借金を一括請求された場合の対処法について、また債務整理で分割払いに戻せるのか?といったテーマでわかりやすく解説いたします。

借金を一括で請求される理由を解説します。

金融機関や貸金業者が借金を一括で請求する理由はいくつか考えられますが、一般的には2か月以上返済を滞納した可能性が考えられます。

多くの金融機関は、返済が遅れると電話などで督促をしますが、それでも返済がなければ催促状を送ります。その後も返済がない場合には、2~3か月ほどで残金を一括請求をすることになっています。

一括での請求を無視するとどうなるのか?

金融機関からの一括請求をさらに放置すると、しかばくすると金融機関や貸金業者から裁判で訴えられることになります。

呼び出しを受けた裁判所に出頭しなかったりすると、自動的に裁判に負けることになりますので、強制執行に移行します。強制執行に移行すると、ご自身の財産や給料が差し押えられることになります。

マイホームや自動車、現金預金などが差し押えの対象になります。しかし、ない袖は振れないわけで、こうした財産に関しては所有していなければ差し押さえられることはありません。問題なのは、ご自身が働いている会社にも差し押さえの通知がいき、受け取るはずのお給料についても差し押えられることになります。

一括で請求された場合の対処法を解説します。

ここでは、一括で請求された場合の対処法について解説いたします。

一括請求への対処法としては、一括で支払う、分割払いの相談をする、債務整理をする、という3種類の方法があります。

一括で支払う

まずは、業者からの請求通りに一括で支払うという方法があります。まあ、一括で支払うのことができるのであればもともと延滞もしませんので、現実的には難しいと思います。

分割払いの相談をする

次は、貸金業者と相談して、もう一度分割払いでの返済に切り替えてもらうよう交渉をする方法があります。貸金業者としても、本当に一括返済がなされるとは思っていませんから、ほとんどの債権者は交渉に応じてくれると思います。ただし、一括で請求がなされる段階まで返済を滞納した事実がありますので、以前よりも金利が高くなったり、一括請求にかかった費用を手数料として支払う必要などがある場合があります。

債務整理をする

業者と相談をして、分割払いに戻ったとしても、以前と同じように毎月の返済がかなり厳しい可能性があります。また、一括請求のあと、再び分割払いに戻り、その後さらに返済を滞納したとなると、もはや相手は交渉のテーブルに乗ってくれない可能性が高くなります。

そこで、分割払いに戻ったとしても返済が厳しい場合には、債務整理手続きを検討することをお勧めいたします。こうした一括請求を分割に変更して返済していく場合は、一般的に任意整理の手続きで解決するのがベストな選択になります。

任意整理の手続きは、弁護士や司法書士がご自身の代理人となり、相手の貸金業者と直接交渉して今後の利息をカットし、月々の返済額を減額して、その減額した借金を5年間程度で返済して解決する手続きです。また、任意整理の手続きで、一括請求から分割での返済に変更することができます。

仮にご自身に約200万円の借金がある場合の月々の返済額は約7万円になり、借金を完済するまでの利息の合計は約50万円になります。それを任意整理すると月々の返済額は約3万3千円まで減額され、完済するまでの利息はもちろんゼロ円になりますので、任意整理の借金の減額効果がよく理解できると思います。

任意整理はとてもメリットの多い債務整理の方法です。他の債務整理と比較しても手続き費用は低額で済みますし、手続きが終わるまでの期間も1番短くて済みます。任意整理の手続きをには1つだけデメリットがあり、信用情報機関に事故情報が記載されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。しかし、今回のように借金を滞納して一括請求されている場合だと、すでにブラックリストに登録されていますので、任意整理の手続きをするのにデメリットはありません!

債務整理を司法書士や弁護士に依頼するメリット!

司法書士や弁護士に任意整理の依頼をすると、借金の返済を一括での請求から分割での返済に戻してもらう交渉と並行して、今後の利息のカットや返済期間を延長して月々の返済額を減額する交渉をすることができます。

任意整理の手続きの依頼を受けた司法書士や弁護士は、相手の貸金業者に「受任通知」を送付いたします。その受任通知を受け取った貸金業者は、本人に対して直接取り立てをすることができなくなります。また、今の返済についても新たな減額した返済が始まるまでの間は、返済する必要がなくなりますので、その期間を利用してご自身の生活を立て直すことができます。

どうでしょうか、今回のコラム「借金を一括請求された場合の対処法は?債務整理で分割払いに戻せる?」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次