任意整理後の返済を滞納するとどうなる?滞納するデメリットを解説!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

任意整理の手続きは、今後の利息をカットして月々の返済額を減額し、その減額した借金を約5年程度の期間で返済して解決する手続きです。また任意整理の手続きは、他の債務整理より費用が低額で済み、手続きが完了するまでの期間も1番短くなります。そんなメリットが多い任意整理ですが、もし任意整理後の返済を滞納した場合はどうなるのでしょうか?

今回のコラムでは、任意整理後の返済を滞納した場合の大きなデメリットについてを債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

任意整理後の返済を滞納した場合のデメリットをわかりやすく解説!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

任意整理の手続きは、弁護士や司法書士がご自身の代理人となり、相手の貸金業者と直接交渉して今後の利息をカットし、月々の返済額を減額して、その減額した借金を約5年程度で完済して解決する手続きです。

例えばご自身に総額200万円の借金がある場合の月々の返済額は約7万円になり、借金の完済までの利息の合計は約50万円になります。これを任意整理すると月々の返済額は約3万3千円まで減額され、借金完済までの利息の合計はもちろんゼロ円になりますので、これだけでも任意整理の借金減額の効果が理解できると思います。

また、任意整理の手続きを依頼すると、依頼を受けた弁護士や司法書士が相手の貸金業者に対して「受任通知」を発送します。その受任通知を受け取った貸金業者は、本人に対して直接取り立てをすることができなくなります。また返済に関してもしばらくはストップできますので、その期間にご自身の生活を立て直すことができます。

任意整理後の返済を滞納すると?

ここまで解説してきたようにメリットが多い任意整理の手続きですが、任意整理の手続き後の減額した返済を滞納してしまったらどうなるのでしょうか?

この任意整理の手続き後の返済を滞納してしまうと、多くのデメリットがあります。滞納については1回だけであれば許容されますが、もし2回滞納してしまうと大きな問題になります。

任意整理後の返済を2回以上滞納してしまうと、任意整理での和解契約が白紙に戻ってしまいます。ですから、カットしていた利息が復活してしまいますし、遅延損害金を請求されることになります。また、そんな状況ですからすぐに残りの借金を一括で請求されます。

もちろん、一括での返済は難しいと思いますが、放置してしまうと次は裁判所から書類が届きます。その後はご自身の財産を業者が差し押さえてくることになります。もちろん価値ある財産はないと思いますが、1番効率よく回収できる給料をターゲットにしてきます。給料を差し押さえられると会社にも借金のことがバレますので、本当に踏んだり蹴ったりの状況になります。

さらに、任意整理後の滞納には、もう1つのデメリットがあり、滞納した時点でもう1度ブラックリストに登録されてしまうことです。例えば3年間返済を続けていれば、あと2年でブラックリストから抹消されるはずだった状況から、また5年以上の期間はブラックリストに登録されたままになります。

任意整理後の滞納には本当に多くのデメリットしかありません!任意整理の手続きは多くのメリットがある反面で、任意整理後の返済を滞納してしまうと、逆に多くのデメリットがありますので、任意整理の手続き後の返済については確実に完済できるのかをよく検討してから手続きを行いましょう!

任意整理後の返済が滞ってしまいそうであれば、当事務所のような専門家にぜひご相談ください。状況によっては、もう1度任意整理での和解契約を組むことができる場合もあります。

どうでしょうか、今回のコラム「借金を一括請求された場合の対処法は?債務整理で分割払いに戻せる?」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次