任意整理が有効なケースとは?任意整理の効果が少ないケースも解説!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

任意整理の手続きは、その他の債務整理と比較しても1番デメリットが少ない方法で、しかも費用も低額で、解決までの期間も1番短く、とてもメリットが多い手続きです。そんな任意整理の手続きのも有効なケースとそうでないケースがあります。

今回のコラムでは、ご自身の状況によっては任意整理が有効なケースとそうでないケースがありますので司法書士の久我山左近がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

任意整理のメリットと任意整理でのブラックリストの取り扱いも解説!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

任意整理の手続きは、弁護士や司法書士がご自身の代理人となり、相手の貸金業者と直接交渉して今後の利息をカットし、月々の返済額を減額して借金を完済することで解決する手続きです。

今回のコラムでは、ご自身の状況によっては任意整理が有効なケースとそうでないケースがありますので債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

任意整理は意味がないと誤解する人がいる理由を解説します。

インターネット上では、任意整理の手続きが意味がないという意見がありますが、どうしてでしょうか?

この任意整理しても意味がないという方は月々の返済額が変わらないと思っている方がほとんどになります。

例えば、ご自身に総額200万円の借金がある場合の月々の返済額は約7万円になり、完済までの利息の総額は約50万円になります。これを任意整理すると月々の返済額は約3万3千円になり、完済までの利息の合計はもちろんゼロ円になりますので、これだけでも任意整理の効果が理解できると思います。

しかし、この200万円の借金の利息だけを支払う場合だと約2万5千円になりますので、この利息だけを返済していると任意整理後の約3万3千円より返済額が少なくなります。目先だけ見るのであればいいのかもしれませんが、この利息だけ返済だと年間で約30万円の利息を返済することになりますし、この状態を10年間続けていれば約300万円の利息を業者に対して支払うことになります。バカバカしいと思いませんか?

もう、ここまでくると貸金業者のために仕事をしているようなものですし、借金の返済を2カ月以上滞納してしまうと結局はブラックリストに登録されてしまいますので、速やかに任意整理の手続きでご自身の借金問題を解決するのが遥かに健全ですし、それがベストな選択になります。

任意整理して有効なケースとは?

先ほど、200万円の借金がある方の任意整理の手続きのシミュレーションをいたしましたが、任意整理に手続きでは300万円を超えてしまうと、任意整理後の返済額が大きくなり、月々の返済が厳しくなるケースがあります。

任意整理の手続きは、利息はすべてカットできますが借金の元金については減額できるケースが少ないので、借金の総額が大きい方には向いていない借金解決の方法だともいえます。ただし、返済期間がかなり長い方に関しては借金の総額を大きく減額できる可能性があります。

結論になりますが、任意整理は借金の総額があまり大きくないケースに有効な借金解決の方法になります。

任意整理の特徴とメリットを解説します。

任意整理の手続きは、弁護士や司法書士がご自身の代理人となり、相手の貸金業者と直接交渉して今後の利息をカットし、月々の返済額を減額して、その減額した借金を3年から5年かけて完済してご自身の借金問題を解決する手続きです。

任意整理の依頼を弁護士や司法書士にすると、依頼を受けた弁護士や司法書士は相手の貸金業者に対して「受任通知」を送付します。その受任通知を受け取った貸金業者は本人に対して直接取り立てをすることができなくなります。また、今までの返済もストップできますので、返済をしない期間にご自身の生活を立て直すことができます。

任意整理の手続きは、会社や友人だけでなく同居している家族にも知られずにご自身の借金問題を解決することができます。また、任意整理は整理する借金を選択することができ、住宅ローンや自動車ローン、保証人が付いている借金を除いて、それ以外の借金のみを整理することができます。ですから自宅や自動車を手放すことなく、保証人に迷惑をかけることなくご自身の借金問題を解決することができます。

任意整理は費用は他の債務整理より低額で済みます。

任意整理の費用の相場は、債権者1社あたり4万円から6万円程度になりますので他の債務整理より低額になります。ただし、事務所によっては任意整理の手続き費用以外にも顧問料や管理料、通信料といったプラスの費用が発生する事務所もありますので、任意整理の手続き費用の総額はしっかりと事前に確認しましょう!

ちなみに個人再生や自己破産の手続き費用の相場は50万円前後になりますので、任意整理の手続き費用がリーズナブルだということが理解できると思います。

どうでしょうか、今回のコラム「任意整理が有効なケースとは?任意整理の効果が少ないケースも解説!」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次