弁護士や司法書士に依頼しても裁判手続きや差し押さえは止まりません!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

借金の返済を滞納してしまうと、消費者金融やクレジットカード会社からは毎日のように電話や書面での督促が続きますので、その取り立てで受けるストレスはかなり激しいといってもいいと思います。

しかし、そんな厳しい取り立ても債務整理の手続きを弁護士や司法書士にお願いすることで、驚くほどピタッとなくなります。弁護士や司法書士が各業者に対して送付する受任通知には強い効果があり、その受任通知が届いた後で本人に対して直接督促をしてしまうと貸金業法上で厳しい罰則規定があります。

しかし、本人への取り立て行為は禁止されていますが裁判所を通した手続きに関しては禁止されていませんので、相手の業者は訴訟や支払督促といった方法を使って自社の債権の回収を進めてくる可能性があります。

今回の自己破産ドットコムのコラムでは、各業者の裁判手続きや差し押さえについて司法書士の久我山左近が詳しく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

給料の差し押さえを回避する方法を久我山左近がわかりやすく解説します!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

借金の返済を滞納してしまって1番困ることは、やはりご自身の給料が差し押さえられることだと思います。勤務先である会社にも借金があることがバレてしまいますし、給料の4分の1が差し押さえられてしまうとご自身の生活自体も大きく圧迫されてしまいます。

ここからは、借金の支払いを滞納してから実際にご自身の給料が差し押さえされるまでの流れを解説いたします。

借金の返済が遅れてしまうと、毎日のように業者から電話や書面などで督促が来ますが、それを放置すると今度は業者から一括での返済を迫られることになります。それをさらに無視してしまうと裁判所から書類が届くことになり、それを放置してしまうと最終的にはご自身の給料が差し押さえられることになります。裁判所から書類が届いた時点までに何らかの対応をしなければご自身の給料が差し押さえられる可能性があります。

もし、ご自身の給料を差し押さえられてしまうと、弁護士や司法書士が間に入っても基本的に一括で返済するといった対応以外は給料の差し押さえを解除する方法がありません。ですから給料を差し押さえられる前に何らかの対策をしなければなりません。

ここからは、給料の差し押さえを回避する方法を詳しく解説いたします。

給料の差し押さえを回避する方法を解説します。

まず、1番よくないのは借金の返済を放置することです。そじて相手の貸金業者に皆様がご存じないような街金が入っている場合は早めに訴訟をしてくる可能性が高くなります。こういった訴訟を回避するための最善策は弁護士や司法書士といった専門家に対応を依頼することです。

また、街金以外の大手の中でもモビット、レイク、楽天カードなどは早めに訴訟を起こしてきます。この辺りの業者に対しては早めに和解を組むといった対応をする必要があります。債務整理に詳しい事務所であれば、こういったことも考慮して債務整理の手続きを進めることができます。

裁判を起こしてきた相手の業者が現在の勤務先を知っているかどうかも大きなポイントになります。もし、現在の勤務先を知らないのであればご自身の給料の差し押さえは少し難しくなります。逆に言えば勤務先を知られてしまっている場合はご自身の給料が差し押さえられてしまうリスクがあります。

いろいろと解説をしてきましたが、1度ご自身の給料を差し押さえられてしまうと、その差し押さえを解除するには個人再生や自己破産といった裁判所を通す手続きを申し立てる以外に方法はありません。

とにかく、速やかに弁護士や司法書士といった専門家に依頼をして相手の業者から給料の差し押さえをさせないことが重要なポイントになります。

どうでしょうか、今回のコラム「弁護士や司法書士に依頼しても裁判手続きや差し押さえは止まりません!」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次