借金返済の悩みの解決方法は?借金を踏み倒すリスクを詳しく解説!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

借金が膨らみすぎて生活がもう限界の方は、弁護士や司法書士といった借金解決のプロに相談して解決してはいかがでしょうか?実際に借り入れ額が高額になると利息だけでもかなりの金額を支払うことになります。

毎月数万円を返済しているのに、元金は数千円しか減っていないといったことになると、現実問題として借金の完済を目指すのはかなり難しくなってしまいます。また、返済をするために他の金融業者から借り入れをするようになってしまうと、さらに完済が困難になります。

今回のコラムでは、借金返済の悩みの解決方法について、また借金を踏み倒すリスクについて司法書士の久我山左近がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

借金を踏み倒しは可能?借金を踏み倒すリスクを解説します!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

借金の返済が一向に進まずに、問題を先送りにし続けるぐらいなら、弁護士や司法書士に相談して打開策を見つけることをお勧めいたします。必ずあなたの状況にあった債務整理の方法を提案してくれます。

今回のコラムでは、借金返済の悩みの解決方法について、また借金を踏み倒すリスクについて債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

借金返済の悩みを相談しての解決方法を解説します。

借金の返済が難しい場合の1番スタンダードな方法が債務整理になります。その債務整理の手続きにもいくつか種類がありますので、それぞれの手続きの種類や特徴をわかりやすく解説いたします。

任意整理

まずは「任意整理」と呼ばれる手続きで、弁護士や司法書士がご自身の代理人となり、相手の貸金業者と直接交渉して今後の利息をカットして月々の返済額を減額し、その減額した借金を5年程度の期間で完済した解決する手続きです。

約200万円の借金がある場合の月々の返済額は約7万円になり、完済までの利息の合計は約50万円になります。これを任意整理すると月々の返済額は約3万3千円になり、完済までの利息の合計はもちろんゼロ円になります。これだけでも任意整理の借金の減額効果がしっかりと理解できると思います。

任意整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼をすると、依頼を受けた弁護士や司法書士は相手の貸金業者に対して「受任通知」を送付します。その内容としては、「依頼を受けたので、今後は本人に連絡をせずに私にしてください。また過去の取引履歴を提出してください」という書面になります。

この受任通知が相手の貸金業者に届いてからは、本人に対して請求することができなくなります。また取り立てだけでなく、今の返済もストップできますので、この返済を止めている期間でご自身の生活を立て直すことができます。

この時点で業者からの取り立てがなくなりますし、返済もストップできますので、今まで感じていた借金生活のストレスからも解放されると思います。

個人再生

次が「個人再生」の手続きで、ご自身の借金の総額を約5分の1に減額することを裁判所に認めてもらい、その減額した借金を3年から5年で返済して解決する手続きです。また、個人再生には住宅ローン特則という制度があり、マイホームを手放すことなく、住宅ローン以外の借金を約5分の1に減額することができます。

個人再生も任意整理と同様に相手の貸金業者に対して「受任通知」を送付いたしますので、相手に受任通知が届いた時点から業者からの取り立てがなくなりますし返済もストップできます。今まで感じていた借金生活のストレスからも解放されると思います。

約400万円の借金がある場合の月々の返済額は約9万5千円になり、完済までの利息の合計はなんと約171万円になります。これを個人再生すると月々の返済額は約2万8千円になり、完済までの利息の合計はもちろんゼロ円になります。これだけでも個人再生の借金の減額効果の凄さがしっかりと理解できると思います。

任意整理の場合の借金減額の効果は将来の利息をカットするに留まることが多いので、借金が多すぎる人には向かない手続きになります。また、自己破産の場合は借金をすべてゼロにすることができますが、ご自身の財産も失うことになります。個人再生の場合には所有している財産を残したまま借金だけを減額することができますので、借金を大幅に減らしつつも、財産を守ることができるので、ある程度の返済能力がある人に取っては個人再生は理想的な手続きになります。

自己破産

最後が皆様のご存知の「自己破産」になります。自己破産の手続きは、ご自身の所有している財産を処分する代わりに裁判所からすべての借金をなくすことができる手続きです。

自己破産は債務整理の手続きの中でも最も強力であり、本当に借金の返済で苦しんでいる人は自己破産で人生をやり直すことが1番いい方法だと思います。個人再生でも返済していくのが難しい方は自己破産の手続きでご自身の借金問題を解決するのがベストな選択になります。

自己破産も他の債務整理と同様に相手の貸金業者に対して「受任通知」を送付いたしますので、相手に受任通知が届いた時点から業者からの取り立てがなくなりますし返済もストップできます。今まで感じていた借金生活のストレスからも解放されると思います。

自己破産では、借金返済が不可能な状態であることを裁判所に認めてもらいます。裁判所から「免責許可」が出た場合には、税金や養育費などを除いたすべての借金が免除されることになります。その代わりに自宅や自動車を中心とした財産は、お金に換えたあとに債権者たち分配されます。

借金返済を依頼する時にかかる費用を解説します。

ここでは、債務整理を依頼するのにかかる手続き費用を解説いたします。

任意整理にかかる費用

任意整理は、借り入れている貸金業者の数によって手続き費用が変わります。一般的な相場では、1社につき4万円から6万円になります。ただし、事務所の中には顧問料や管理料、通信料といったプラスの費用が発生する事務所もありますので、任意整理の費用の総額はしっかりと事前に確認いたしましょう!

個人再生にかかる費用

個人再生にかかる手続き費用の相場は大体40万から60万円程度になります。費用の用意が難しい方は、着手金の必要がなく手続き費用を分割払いで受けてくれる事務所を選びましょう。

個人再生には手続き費用とは別で裁判所に支払う費用がかかります。個人再生委員が付くか付かないかで費用が変わりますが、付かない場合は数万円程度、付く場合には20万円前後の費用が追加でかかる場合があります。

自己破産にかかる費用

自己破産にかかる手続き費用の相場は大体30万から50万円程度になります。費用の用意が難しい方は、着手金の必要がなく手続き費用を分割払いで受けてくれる事務所を選びましょう。

また自己破産には手続き費用とは別に、裁判所に支払う費用がかかります。通常は1万数千円程度ですが、借金が高額になるとその分裁判所に支払う費用も高くなってしまうことがあります。

借金を踏み倒そうとした場合のリスクを解説します。

結論からいうと借金を踏み倒すことはお勧めできません!借金を踏み倒すことは不可能ではありませんが、デメリットが多すぎるからです。

ここでは、借金を踏み倒そうとした場合の末路について解説いたします。

借金は返済期日を過ぎてしまうと、利息とは別に遅延損害金が上乗せされます。借金を踏み倒そうとして逃げ回ったりしてるうちに、とんでもないペースで借金は膨らんでいきます。

借金の返済を滞納してしまうと、業者から借金を一括で返済するように請求がされます。それも無視をしていると裁判所から書類が届き、それも無視してしまうと最終的にはご自身の給料を差し押さえられることになります。

夜逃げをしてもいつかバレてしまいます。

住民票を移さずに引っ越しをして、携帯番号も変えてしまえばもう取り立てはこない!と思う方もいるでしょう。また、借金の時効が来るまで姿をくらましてしまおうと思う人も少なからずいるかもしれません。

しかし、夜逃げには思わぬ落とし穴があります。

  • 郵便物が届かない
  • 健康保険に入れないため病院代は全額負担
  • 年金に加入できない
  • 新しい仕事につきにくい
  • 行政サービスを受けられない
  • 子供の出生届を提出できない
  • 免許の更新ができない

住民票を移さないことで様々な不便なことがあります。かといって住民票を新住所に移すと、それを債権者に住民票を取得されてしまうので、結局はご自身の住所がバレます。住所がバレると督促が再開されますので、夜逃げをした意味がなくなってしまいます。夜逃げは現実的にかなり厳しいものがあると考えておいてください。

時効を迎えるのはかなり難しいと思おう

借金の時効を迎えてしまえば借金を返済する義務はなくなります。

以下が時効の条件になります。

  1. 最終返済日から5年間返済をしていない
  2. 返済する意思を見せたり、返済期限を伸ばしてもらっていない
  3. 債権者から裁判を起こされていない

こちらが返済をする、もしくは返済に応じるような行動を見せると時効の期間が振り出しに戻ってしまいます。また、業者は債務者の住所がわからなくても裁判を起こすことが可能です。これを「公示送達」といいます。公示送達とは、住所がわからない相手に対してこちらの意思を届けるための手続きです。公示送達を行うことで、裁判をすることも可能になり、時効期間を10年に延長することができます。

今までの解説でやはり夜逃げが上手くいかないというのが理解できたと思います。ぜひ当事務所のような借金解決の専門家を頼っていただき、ぜひ債務整理でご自身の借金問題を根本的に解決していただきたいと思います。

どうでしょうか、今回のコラム「借金返済の悩みの解決方法は?借金を踏み倒すリスクを詳しく解説!」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次