厳しい借金を返済するための方法とは?借金解決は問題の先送りはNG!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

借金を完済する方法は実にシンプルで、毎月いくら支払えばいつ完済できるかをしっかりと把握することと、それが現実的に可能なのかを判断するだけになります。

それが可能であれば、それに向けて返済を続けていくしかありませんし、もし返済が不可能であれば法律の力を借りて借金問題を解決するのがベストな選択になります。

今回のコラムでは、厳しい借金を返済するための方法について、また借金解決は問題の先送りはNGというテーマで司法書士の久我山左近がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

借金の悩みの解決は問題の先送りはダメ!借金の返済方法を解説します!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

借金の返済で悩んでいる方の多くが、いつまで返済を続ければ借金が完済できるかを把握していません。確かに返しては借りるを続けていると永久に借金の返済は終わりません。

今回のコラムでは、厳しい借金を返済するための方法について、また借金解決は問題の先送りはNGというテーマで債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

借金の完済するための重要なステップを解説します。

借金をきちんと返済していくためには、ご自身の借金や利息について、しっかりと把握する必要があります。「毎月3万円返済しているのに、借金はそのうちの5千円しか減っていなかった」ということでと完済までは何年かかるかわかりませんし、返済した分を借り入れてしまうと、いつまでたってもご自身の借金問題は解決できません。

まずはご自身の借金を把握する方法を解説いたします。

借金の総額と利息をきちんと把握します。

当たり前ですが、借金をしたら利息をつけて返済する必要があります。利息を超えた分を支払うことで、初めて借金が減ることになります。また、複数の会社から借り入れがある場合には、それぞれを分けて計算する必要があります。

以下は借入額と利息の例になります。

借入業者借入額金利利息(年)利息(1か月)
A社50万円年18%9万円7500円
B社100万円年15%15万円1万2500円
C社200万円年15%30万円2万5000円

50万円の借入がある場合には、1年間で9万円の利息がかかります。9万円の利息を1年間12回で返済していくために毎月の利息は7500円になります。また、借金そのものの返済に充てられるのは、毎月の支払いで7500円を超えた分だけになりますので、毎月1万円の返済をしている人は、2500円しか借金が減っていないことになります。このペースで返済を続けていると50万円の借金を完済するのに約8年近くかかりますし、完済までに支払う利息の総額はなんと40万円以上にもなります。

現在の返済額だと何回で完済になるのか把握しましょう。

現在の借金の総額と利息を確認したら、残り何回で完済になるのかを計算してみましょう。計算について、ご自身でも可能ですが、各銀行のホームページにもある「返済シミュレーション」を利用いたしましょう。

50万円の借金を返すために、利息を合わせて約65万円を支払うことになりますが、月々の返済は約1万8千円になりますので、現実的にも完済が可能だと思います。

自分の毎月の返済額の限界を考えてみる

毎月いくら支払ったら、何回で完済できるということが理解できましたら、ご自身の月々の支払いの限界を考えていきましょう。

月々の支払いを50000円増やすだけでも完済までのスピードはからり早くなります。例えば50万円の借金の場合、返済額を2万円から2万5千円に引き上げると、支払い回数は30回から24回まで減ることになります。スマホを料金が安い会社に変えるだけでも削ろうと思えば削れる部分がいろいろあると思います。自分が毎月捻出することができる金額の限界がわかれば、その金額でもう一度返済シミュレーションをしてみましょう!

借金返済する際のNG行為を解説します。

誰でもイメージができると思いますが、借金を返済していくうえでダメな行為を解説いたします。

まず1つ目はのNG行為は、返済して空いた融資枠で借り入れをしてしまうことです。返しては借りるを続けていると永久に利息を支払い続けることになりますし、ずっとご自身の借金問題を解決できません。

次のNG行為は、借金を返済するために別の貸金業者から新たな借り入れをすることです。どんどん状況が悪くなりますが、こうした状況を「多重債務」といい、さらにご自身の力だけでは借金問題の解決が難しくなります。

最後のNG行為は、どこからも借り入れができなくなった時に闇金から借り入れをしてしまうことです。ここまでくるとご自身の力での解決はほぼ不可能ともいえますので、債務整理で解決するのがベストな選択になります。

借金の返済が難しいのなら債務整理を検討しよう。

返済シミュレーションを使って、借金の総額や利息は把握できましたでしょうか?シミュレーションの結果、ご自身の力での返済はできそうでしょうか?また、ご自身の借金の状況にNG行為はありましたでしょうか?

自力で返済するのが難しければ、残された借金問題の解決方法は債務整理ということになります。ご自身の借金問題を先送りにしても、余計に利息を払い続けた上に、ブラックリストに登録されてしまい、最終的には債務整理することになる可能性が高くなります。

債務整理の種類内容
任意整理月々の返済額を減額して完済する
個人再生借金を約5分の1に減額して完済する
自己破産財産の処分する代わりに借金をゼロにする

債務整理の手続きでは、まず1番デメリットが少ない任意整理の手続きを検討し、任意整理の手続きでは返済額が大きく借金の完済が難しい場合は個人再生の手続きを検討します。また、借金の総額と収入を考えると返済が不可能な場合には自己破産を選択することになります。現状収入がない方を除いて、200万円前後までの借金であれば、任意整理でも十分に効果があります。どの手続きがご自身に合っているのかは、当事務所のような借金問題解決の専門家にぜひ気軽にお問い合わせください。

どうでしょうか、今回のコラム「厳しい借金を返済するための方法とは?借金解決は問題の先送りはNG!」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次