クレジットカードの利用分も過払い金請求できる?注意点を解説!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

消費者金融への返済を長い期間続けていると過払い金が発生している可能性があります。それでは、クレジットカードの利用分にについて過払い金の取り戻しはできるのでしょうか?

今回のコラムでは、クレジットカードの利用分に関しての過払い金の取り扱いについて、また過払い金請求する場合の注意点を債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

消費者金融会社以外の支払いも過払い金請求できるかを詳しく解説!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

支払いすぎた利息分は「過払い金請求」することで取り戻すことができます。また、消費者金融からの借金だけでなく、過払金請求はクレジットカードの利用分に対しても行うことができます。

今回のコラムでは、クレジットカードの利用分に関しての過払い金の取り扱いについて、また過払い金請求する場合の注意点を債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

クレジットカードの利用分も過払い金請求が可能です。

過払い金請求は「貸金業者」を対象とした手続きになります。貸金業者というと、どうしても消費者金融のイメージが強いと思いますが、クレジットカード会社は金融庁に貸金業者として登録していますので、実は過払い金請求の対象になります。

逆にカードローンでも銀行系のカードであれば、貸金業者ではないので過払い金は発生しません。

クレジットカードの利用分で過払い金請求できる条件を解説します。

以下がクレジットカードの利用分で過払い金請求できる条件です。

  • キャッシング枠の利用なこと
  • 最終取引から10年以内なこと
  • グレーゾーン金利が適用されていたこと

キャッシング枠の利用なこと

クレジットカードの利用分で過払い金請求できるのは「キャッシング枠」の利用分だけになります。逆に言えばショッピングの利用分は過払い金が発生しません。クレジットカードのキャッシング枠は借金と同じなので、月々の返済分には利息が含まれているので、過払い金が発生している可能性があります。

最終取引から10年以内なこと

過払い金請求の時効は「最終取引から10年以内」になります。最終取引から10年が経過してしまうと法律上の時効が成立してしまうので、過払い金の請求をしても返還される可能性はほとんどありません。最終取引なので、現在も返済中であれば時効のことを気にする必要はありません。また、一度は完済した場合でも、すぐに同じ条件で借り入れをしていれば連続した一つ野借り入れとして最終取引が後ろ倒しになります。

連続した一つの借り入れとみなされる基準は以下になります。

  • 前回の最終取引日から次の借り入れまでの間がおよそ1年以内であること
  • 同一の契約書、あるいはほぼ同じ条件での借り入れであること

グレーゾーン金利が適用されていたこと

過払い金が発生しているかは、「グレーゾーン金利」を適用していた場合に限られます。

貸金業者が貸し付けをするときは「利息制限法」と「出資法」という2つの法律の制限を受けますが、2010年6月まではこの2つの法律には上限金利に差がありました。もちろん、お金を儲けたい貸金業者は高い金利を方で貸し付けをおこないます。一方では違法とされながら、もう一方では合法とされていたことから「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。

【引用元:お借入れの上限金利は、年15%~20%です|日本貸金業協会

「ショッピング枠」の利用は過払い金の対象外です。

クレジットカードのショッピング枠の利用分は過払い金請求の対象外になります。ショッピングの利用で発生するのは利息ではなくて手数料になります。ですから、ショッピングに関してはいくら利用していても過払い金は発生いたしません。

クレジットカードの利用分で過払い金請求するメリットとデメリット

まず、クレジットカードのキャッシングをすべて完済している状況での過払い金請求に関してはデメリットはありません。過払い金請求をしてもブラックリストに登録されることもありません。メリットに関しては当たり前ですが過払い金をお手元に取り戻せることになります。

次は注意が必要なケースで、キャッシングをまだ利用している場合の過払い金請求になります。発生している過払い金の額がキャッシングの残額より多い場合には、お手元に過払い金が戻ってきますので、過払い金請求をしてもブラックリストに登録されることはありません。しかし、発生している過払い金の額がキャッシングの残額より少ない場合には借金の残債が残ることになります。この場合には、残りの残金について、任意整理をしたことになり、ブラックリストに登録されることになります。

残債が残ってしまうとブラックリストに登録されるというデメリットはありますが、ご自身の借金が大きく減額されるという大きなメリットがありますので、過払い金を請求してご自身の借金問題を速やかに解決することをお勧めいたします。

どうでしょうか、今回のコラム「クレジットカードの利用分も過払い金請求できる?注意点を解説!」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次