過払い金が戻ってこない場合とは?請求しても返還されないケースは?

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

過払い金とは、貸金業者などに対して払い過ぎた利息のことになります。ちゃんとした手続きを踏むことで過払い金をご自身のお手元に取り戻せる可能性がありますが、過払い金を請求しても取り戻すことができない場合があります。

今回のコラムでは、過払い金を請求しても取り戻すことができない場合について債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は過払い金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

過払い金請求で取り戻せないケースについて司法書士が解説します。

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

過払い金の調査をして、過払い金が発生していることわかったのに、実際に請求してもお手元に過払い金が戻ってこなケースがあります。

今回のコラムでは、過払い金を請求しても取り戻すことができない場合について債務整理に詳しい司法書士がわかりやすく解説いたします。

過払い金を請求しても戻ってこないケースを解説します。

まず大切なのは、本当にご自身が過払い金請求の対象なのかという問題です。過払い金の対象外なのに早合点して請求しても、貸金業者は相手にしてくれません。

それでは、過払い金の対象者なのかを細かくチェックしていきましょう!

過払い金請求の対象となるのは、2010年6月以前貸金業者からお金を借りたことがある方に限られます。このタイミングよりも前に借金していた人は「グレーゾーン金利」と呼ばれる違法な金利が適用されていたので過払い金が発生している可能性が高くなります。

以下の表に、よくある過払い金請求の対象にならないケースをまとめてみました。

対象にならないケース請求できない理由
銀行から借り入れだった過払い金請求は貸金業者だけが対象で銀行は対象外です
上限金利を超えない借り入れ以前からグレーゾーン金利を適用していない貸金業者だと過払い金は発生しません
ショッピングの利用だったショッピングで発生するのは手数料なので過払い金は発生しません
過払い金が時効にかかっている最後の返済から10年が経過すると時効により請求できません
貸金業者が倒産している請求する相手が存在しないと過払い金は請求できません

自分が過払い金の対象かわからない場合の対処法は?

ご自身が今までに消費者金融やクレジットカード会社を含めていろいろな貸金業者を使ってきた場合には、ご自身が過払い金の対象になるのかよくわからない方も多いと思います。

そういった場合には、過払い金があるかを無料で調査している事務所に過払い金の調査をお願いしてみるのが1つの方法になります。当事務所も含めて実際に過払い金の調査をして過払い金がない場合でも費用がかからない事務所も多くあります。もしかしたら過払い金が発生しているかも?って思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

過払い金が発生しているのに戻ってこないケースとは?

事前に過払い金の調査をして、実際に過払い金があるとわかっても、実際に請求してみると過払い金が戻ってこなかったとすれば、次のような原因が考えられます。

  • 引き直し計算を間違っていた
  • 借金の残高のほうが多かった
  • クレジットカードのショッピング枠と相殺された
  • 手続き費用の方が高かった

引き直し計算を間違っていた

これは、過払い金の請求を専門家に依頼していれば、ほぼありえないミスですが、もしご自身で過払い金の計算をしていれば、引き直し計算をミスする可能性があります。

過払い金の正確な金額を算出する「引き直し計算」はかなり複雑で、取り引き期間が長いと小さなミスでも大きな誤差に発展してしまう可能性があります。過払い金の請求手続きは、専門家に依頼することをお勧めいたします。

借金の残高のほうが多かった

過払い金の請求は、まだ返済中のタイミングでも可能になります。ただし、返済中の借金の残高のほうが多かった場合には過払い金から相殺されてしまいます。こういったケースだと過払い金はご自身のお手元に戻ってきませんが、ご自身の借金は過払い金の分だけは減額されることになります。また、過払い金より借金の総額が大きい場合には、残った残金は任意整理として扱われます。

  • 任意整理は債務整理の方法の一つ
  • 貸金業者と話し合い、今後の利息はカットできる
  • 返済の負担は軽くなるがブラックリストになる

確かに任意整理の手続きをすると信用情報機関に事故情報が記載されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。ただ、ご自身の借金を大きく減額するといったメリットの方が遥かに大きいと思います。

クレジットカードのショッピング枠と相殺された

同じようにクレジットカードのキャッシング枠で過払い金の請求をしたとき、ショッピング枠の支払いが残っていると過払い金と相殺されてしまうことになります。この場合で残債が残ってしまった場合には信用情報機関に事故情報が記載されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。また、過払い金を請求したクレジットカードは強制的に解約されることになりますので注意が必要になります。

手続き費用の方が高かった

過払い金の調査に関しては無料の事務所が多いのですが、実際に過払い金の請求をすると返還の手続きに費用がかかります。返還された過払い金から手続き費用を清算するのが基本になりますが、過払い金の返還額が少ないと、ご自身のお手元にはほとんど過払い金は戻ってこない可能性があります。こうした状況は過払い金の請求する前にわかりますので、費用倒れになることにはありませんのでご安心ください。

どうでしょうか、今回のコラム「過払い金が戻ってこない場合とは?請求しても返還されないケースは?」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次