久我山左近が代表を務めるのが司法書士法人ホワイトリーガルです!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

司法書士法人ホワイトリーガル」は、平成5年に開設した司法書士樋口事務所、その後その樋口事務所を組織変更して立ち上げた司法書士法人リーガルハンズなどを経て、令和4年7月7日に新たに設立された司法書士法人です。

司法書士法人ホワイトリーガルは、借金で悩んでいる人を助けるために債務整理手続きとして任意整理、自己破産、個人再生などをメインの業務として日々活動している司法書士事務所になります。

借金でお悩みの方を救済するための債務整理の手続きには3種類あり、任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法があります。

今回のコラムでは、そんな債務整理の手続きのそれぞれの特徴とメリットやデメリットを司法書士の久我山左近がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

司法書士法人ホワイトリーガルは借金の悩みを解決するスペシャリストです!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

借金で悩んでいる方を助ける法律的な手続きのことを債務整理といいます。その債務整理の手続きには3種類があり、任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法があります。

今回のコラムでは、債務整理の手続きのそれぞれの特徴とメリットやデメリットを久我山左近がわかりやすく解説いたします。

任意整理の手続きの特徴とメリットやデメリットを解説します。

任意整理の手続きは、3種類ある債務整理の手続きの中でも1番デメリットが少なく費用も低額で解決までの期間も短い、もっともポピュラーな借金解決の方法です。

任意整理の手続きでは、弁護士や司法書士がご自身の代理人となり、相手の貸金業者と直接交渉し、今後の利息をカットして月々の返済額を減額し、5年程度の期間で借金を完済して解決する方法になります。弁護士や司法書士にすべての交渉を任せるので、ご自身はほとんどすることがないというのも任意整理の大きなメリットになります。

仮にご自身に約200万円の借金がある場合の月々の返済額は約7万円になり、完済までに支払う利息の合計は約50万円になります。これを任意整理すると月々の返済額は約3万3千円になり、完済までに支払う利息の合計はもちろんゼロ円になりますので、これだけでも任意整理の借金減額の効果が理解できると思います。

他の債務整理である個人再生や自己破産が裁判所を通す手続きなのに対し、任意整理は相手の貸金業者と直接交渉いたしますので、手続き費用も1番低額になりますし手続きの期間も1番短く手済みます。

任意整理の手続きでは、整理する借金を選択することができますので、マイホームや自動車を手放したくない場合は、住宅ローンや自動車ローンを除いてその他の借金のみを整理することができます。また、保証人に迷惑をかけたくなければ、保証人が付いている借金を除いてその他の借金を整理することができます。

任意整理は個人再生や自己破産と違って裁判所を通しませんので、会社や友人だけでなく同居している家族にも知られることなくご自身の借金問題を解決できることも大きなメリットになります。

任意整理を含めて債務整理の手続きをすると信用情報機関に事故情報が登録されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。これは任意整理のデメリットなのですが、例えば300万円の借金があると年間の利息は45万円にもなり、返済と借り入れを続けていると永遠に毎年45万円を支払い続ける必要があります。また借金を2カ月以上滞納してしまうと任意整理と同じように信用情報機関に事故情報が登録されます。

ずっと借金を返済する生活を続けていて借金を滞納してブラックリストに登録されるぐらいであれば、任意整理でご自身の借金問題を根本的に解決することが間違いなく健全な生活への近道になります。任意整理の手続き後の返済は5年程度になりますので、任意整理後の返済が完了する頃には新たにクレジットカードやローンが利用できるようになります。

ここまでの解説で多くのメリットがある任意整理ですが、借金の元金自体を減額できるケースは少ないので、借金の総額が大きいい方は任意整理後の月々の返済額が大きくなってしまうというデメリットがあります。

ご自身の借金の悩みを解決するには、まず任意整理を検討し、任意整理では月々の返済が難しい場合は、個人再生や自己破産といった他の債務整理の方法を検討するのがベストな選択になります。

個人再生の手続きの特徴とメリットやデメリットを解説します。

個人再生の手続きでは、借金の総額を約5分の1まで減額することを裁判所に認めてもらい、その減額した借金を3年から5年で返済してご自身の借金問題を解決する手続きです。

例えば、ご自身に総額400万円の借金がある場合には、月々の返済額は約9万5千円になり、完済までの利息の総額は約171万円になります。これを個人再生すると月々の返済額は約1万6千円約6分の1になり、もちろん約171万円あった利息はゼロ円になりますので、個人再生にはかなり強力な借金減額の効果があります。

また、自己破産との比較になりますが、個人再生では自己破産のようにギャンブルや浪費といった借金の理由が問われることがありませんし、自己破産のように一定の資格や職業の制限もありません。

個人再生の手続きには住宅ローン特則という制度があり、住宅ローンは今まで通りに返済を続けてその他の借金のみを約5分の1に減額することができますので、マイホームを手放すことなく借金問題を解決するには個人再生はベストな選択になります。

個人再生のデメリットですが、個人再生の手続きはすべての借金が対象になりますので、自動車ローンがあれば自動車はローン会社に引き揚げられます。また、保証人が付いている借金があれば保証人に迷惑をかけることになります。

個人再生の手続きもその他の債務整理と同様に信用情報機関に事故情報が登録されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。また、個人再生はその他の債務整理より安定した収入が条件になりますし、個人再生の手続き費用も1番高額になるといったデメリットがあります。

借金の総額が大きく、任意整理では月々の返済が大きくなってしまう方は個人再生でご自身の借金問題を解決するのがベストな選択になります。

自己破産の手続きの特徴とメリットやデメリットを解説します。

自己破産の手続きでは、ご自身が所有する財産を処分する代わりに裁判所から借金のすべてを免除してもらうことを認めてもらう手続きです。ご自身の収入が大きく減ってしまった場合や借金の総額が大きすぎてどうしようもない場合は自己破産での解決がベストな選択になります。

自己破産の1番のデメリットは、ご自身の所有する価値ある財産は処分されることですので、逆に言えば換価すると20万円以上価値がある財産のを所有していなければ、自己破産にはほとんどデメリットはありません。

インターネットなどでは、自己破産に対して悪いイメージがありますが、自己破産は借金で苦しんでいる人を救済するために国が作った制度です。ですから、自己破産後の生活で何か不利益があるわけではありません。自己破産したことが戸籍や住民票に記載されることはありませんし、今後の年金の受給に影響もありません。もちろん選挙権を失うわけではありませんし、家族にマイナスの影響はありません!

借金をすべて帳消しにする強力な効果がある自己破産ですが、そんな自己破産にもいくつかのデメリットがあります。それが自己破産の資格制限で、弁護士や税理士といった一定の資格の方や保険外交員や警備員といった一定の仕事の方は自己破産の手続き中はその仕事ができなくなります。また、自己破産の手続きでは、任意整理や個人再生とは違って借金の理由によっては自己破産が認められない場合があります。

また、自己破産の手続きはすべての借金が対象になりますので、住宅ローンがあれば住宅は銀行によって処分されますし、自動車ローンがあれば自動車はローン会社に引き揚げられます。また、保証人が付いている借金があれば保証人にに迷惑をかけることになります。

自己破産の手続きもその他の債務整理と同様に信用情報機関に事故情報が登録されますので、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。

いくつかのデメリットがある自己破産ですが、借金でどうにもならない方にとっては人生をもう1度やり直す大きなチャンスが与えられますので自己破産はとても大切な制度です。離婚や会社の倒産、事業の失敗など、人生の転機でやむを得ない事情で借金に苦しんでいる方にとっては、自己破産はとても優しい国が作った救済制度です。

ここまでで、今回のコラム「司法書士法人ホワイトリーガルとは?久我山左近が解説します!」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次