自己破産したらクレジットカードは使えない!理由や対処法を解説!

自己破産ドットコム

こんにちは、「自己破産ドットコム」のコラムを執筆している司法書士の久我山左近です。

自己破産の手続きを取ると、信用情報機関に事故情報が記載される(いわゆるブラックリストに載る)状況になり、約5年程度の期間はローンやクレジットカードの利用ができなくなります。

今回のコラムでは、自己破産をするとクレジットカードが利用できなくなる理由について、またクレジットカードが利用できない場合の対処法について司法書士の久我山左近がわかりやすく解説いたします。

今回の記事は借金で悩んでいる方にとって、とても有益な内容になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

自己破産するとクレジットカードが利用できません!原因や対処法を解説!

自己破産ドットコム
借金減額のページをちょっと見てみる!

最近はキャッシュレス派の方も多く、自己破産の手続き後にクレジットカードが利用できなくなることが困るという方も多いと思います。また、オンラインショッピングなどでもクレジットカードを利用する機会は多くありますのでクレジットカードが利用できないと不便に感じます。

今回のコラムでは、自己破産後にクレジットカードを利用できない期間や、自己破産後も利用できるカードについてわかりやすく解説いたします。

自己破産後はクレジットカードが利用できなくなります。

残念ながら、自己破産の手続き後は、原則としてクレジットカードの利用はできません。もそもクレジットカードのクレジットとは「信用」という意味で、カード会社が利用者を信用して一時的に立替え払いをしているという構造になりますので短期的な意味の借金ということになります。そのため、自己破産の手続き後は、ローンを組めなくなるのと同様に、クレジットカードを利用することはできなくなります。

自己破産をすると、銀行や貸金業者などが参照する信用情報機関に登録(いわゆるブラックリストに載る)されるためにローンやクレジットカードの利用ができなくなります。また、既存のクレジットカードに関しても自己破産の手続きに入った時点から利用できなくなります。

クレジットカードを利用できない期間を解説します。

ここからは、自己破産を始めその他の債務整理でのクレジットカードが利用できない期間について解説をいたします。実際にはブラックリストというリストは存在しませんので、信用情報機関に掲載された事故情報を一般的にブラックリストに載るといいます。

ブラックリストに登録された事故情報は、一定の期間が経過すると削除されますが、ブラックリストに登録されている期間は、延滞任意整理約5年個人再生自己破産では約5年から10年になります。

種類起算日CICJICCKSC
延滞延滞解消日5年5年5年
任意整理和解成立日5年5年5年
個人再生手続き開始決定日5年5年10年
自己破産免責許可確定日5年5年10年

この期間は、新たに借り入れをしたり、ローンを組んだり、クレジットカードを発行することは基本的にできません。債務整理をするとブラックリストに登録されるのはシンプルでわかりやすいのですが、延滞に関しては借金の返済を2カ月以上滞納してしまうとブラックリストに登録されますので、ご自身が気づかないうちにブラックリストに載っていることがあります。

この期間の間は、クレジットカードやローンの新規申し込み以外にも自動車のローンやスマホ本体の分割契約も組めなくなります。また、賃貸物件を借りる場合には、もし家賃の保証会社が信販系の場合には審査に通らない可能性があります。

クレジットカードのポイントやETCカードはどうなる?

自己破産によってクレジットカードを使えなくなる原因は、カード会社にもよりますが、基本的には利用停止ではなく解約になります。そのため、カードに溜まっていたポイントなどは全て失効してしまいます。もっとも、自己破産前にポイントを使い切ってしまっても、そのことが自己破産手続きに悪影響を及ぼすことはありませんので、早めに使ってしまうのがいいと思います。

また、クレジットカードに付いているETCカードも利用できなくなりますので、自己破産の手続きの依頼後は利用を控えるようにしましょう。

自己破産後にクレジットカードを利用したい場合の対処法とは?

自己破産後は当たり前ですがクレジットカードは利用できなくなります。クレジットカードが一種の借金なので利用できないという点からすれば、借金ではないカードなら利用することができます。銀行にお金を預けている限度で利用することができるデビットカードは、借金を返せなくなるリスクがないため自己破産した人であっても利用することができます。

また、自己破産をしてブラックリストに登録されるのはあくまで本人になりますので、自己破産をした後でも本人の名義でない家族名義の家族カードであれば引き続き利用することが可能です。

最近では、プリペイド式のクレジットカードも増えています。スマホのアプリから支払うことのできるプリペイドカードもありますので利用するのもいいでしょう。プリペイド式のクレジットカードは手数料は比較的高いので、その点には注意しましょう。

どうでしょうか、今回のコラム「自己破産したらクレジットカードは使えない!理由や対処法を解説!」のテーマの解説は以上になります。

当コラムを運営する「自己破産ドットコム」では、借金のお悩みに関する無料相談だけでなく、今の月々の返済額がどれぐらい減額減るのかの借金減額無料診断を受け付けています。ぜひ、お気軽に当サイトの無料相談を利用して借金問題を解決していただきたいと思います。

それでは、久我山左近でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次